スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
一ヶ月前の今日
2005-05-20 Fri 23:59
4月20日水曜日
その日、自分は九段下にいました。
ノラ・ジョーンズの来日公演が行われたのでした。
僕にとっては

人生初の武道館。
意味もなく緊張していました。

毛嫌いしていたわけでもないのですが、それ以前に
大きなホールで音楽を聴きに行ったことは
一回しかありませんでした。

しかも、その一回というのも、
さらに先月の今年3月21日のこと、
ハーモニーホール座間で
小野リサさんのコンサートを聞きに行ったもので、
ほんとに、つい最近のこと。

小野リサさんは、高校の時から聴き込んでいたのですが、
ノラ・ジョーンズは、チケットをとってから、
聴き込み始めたのでした。

おっせぇよ、という嘲笑がモニターの向こうから
聞こえてきそうですが…
バイト先の仲間と好きな音楽の話になり、
ノラ・ジョーンズの話題で盛り上がり、
来日公演があるという話になり…という経緯なのですが・・・。

その当時、アルバムを買うことは愚か、
借りることすらしていなかった。
よくまあ自分でも、行くことに首を縦に振ったと思うが…

で、肝心の、ライブ本番なのですが、これが、すばらしかった。

ノラ・ジョーンズ、

かわいかった!(←そっちが先かよっ!)


歌うまかった!(←当たり前だってっ!)


バックのギタリスト(太めの人)

顔がイっちゃってた!(→写真撮れなかったのが残念)


歌が始まると、大袈裟な話、
国の違いを忘れて聴き入ってしまった。
なんか、もう、みんなで来たこと忘れて、
一人でウットリしてしまっていたことに、
曲が幾つか続いてMCに入ると同時に気づかされた

有名な曲は独特のアレンジが加えられ、
生で聴くとまた違ったよさを醸し出していたし、
アルバムに収録されていないカバー曲も3曲ほどあって、
独自のアレンジが加えられていて、よかった。

特にアンコールの最後の曲だった「テネシーワルツ」は、
江利チエミさんや、パティ・ペイジ のもの
(両方ともラジオでしか聴いたことないけど)よりも良かった。

素晴らしい余韻と共に武道館を後にできた。
貴重な体験だった。

3日後、一緒に行ったインディーズ歌手の友人がメールで
「未だに良かったなぁ…と思う」と言っていた。
こんな感じで人々の心に残る公演というのを
その友人も目指すのだろうなぁ。
年下ながら、その友人には、(今もよいけど、もっと)
よい歌手になっていって欲しいなぁ、と思います。

050521_0007~01s.jpg



20050521000617s.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 本・音楽・美術・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイガー&ドラゴン | tapestry ~ hare no sora shita ~ | バイオEXPO>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。