スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
来客(T氏)と、バイト、飲み
2005-05-17 Tue 03:04
昨日の更新時間を見て分かる通り、生活が、依然不規則。
7時半に寝、9時に起き、二度寝し、12時に起床。
部活の昼練に出、4限14時からの蛋白質工学に出る。
相変わらず中身は物理化学を引きずってるなぁ、と思う。

他の人々が応用数学に流れる中、
残ったT氏と家でレポを書こうということになったが、
ダベってる間にT氏のiTunesの曲披露会に。
「ダニーボーイ」にしばしうっとり。空想にふける。

その間に6限の蛋白質工学(今日二回目)に出そびれる。

バイトに行き、中学・高校生相手に英語・数学など教える。
厨房に40歳呼ばわりされる。

メガネは、ことごとく評判が悪い。
メガネ歴は1年半前の大学一年の冬から今に至るまで、
コンタクトへの転換という空白の時期こそあれど、
小学3年から13年を誇る。

まぁ、「誇る」というほどの大それたものでは勿論ないが、
僕の人生はメガネを介して見える世界に囲まれていた。
それは、親、特に父親の、
異常なまでのメガネの推奨によるものであった。

確か中学3年頃に買い換えた時だったと思うが、
メガネ屋に父親と行った時、
その当時からコンタクトにしたかった僕は、
親を介せず店員に尋ねたのだが、
目の悪さを理由に「ない」と言い張り、
結局またメガネを買うことになった。

今になれば分かるのだが、
度が悪いからといってコンタクトが無い訳がないのである。
父親が、度が悪いコンタクトはないので
メガネを勧めるよう予め手を回していたのだった。

そうして親に洗脳されていた時までは、
メガネをかけた僕を否定することは、
僕を否定することと同値であった。

今、厨房ごときに否定されても、何も苦しさも感じない。

しかし、年増に見られるのは、どーにかなんねーかなー、と
諦観を半分含みつつ、抵抗を試みたい気持ちでいる。


最近は依然ほど頻繁には一緒に飲みに行かないものの、
いまだに我が心の師2人のうちの一人である、
バイト仲間のT先生(2歳上)が誕生日ということで、
いつもの「か○ん」へ飲みに行きました。
ほんと、おめでとうございます。

今日の写真は、評判の悪いマイメガネです。
一応お金はかかってますが…センス悪いんだろうな。

SN310005s.jpg
スポンサーサイト
別窓 | かんがえかた | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<みんなと、うんと遠くへ | tapestry ~ hare no sora shita ~ | 大掃除 第2弾>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。