スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
空中庭園
2005-12-18 Sun 14:41
今日は北風が強い。日本海側では積雪がすごいらしい。
僕の風邪はほぼ治り、水曜の試験に向けての勉強を始めた。
この木・金曜はあちこち外に出た。
そのうちのいくつかを記録しておこうと思う。
まず木曜をこの記事で。
ずっと見たかった映画『空中庭園』を見た。
近場では渋谷か東中野でしかやってなくて
渋谷へ。

20051218130813.jpg

宮益坂のイルミネーション。

学校を出る時間が少し予定より遅くなったので、
電車に乗り遅れ、4時半からの上映に間に合わなかった。
入場整理券をもらってから、しばらくぶらぶら歩く。

20051218133312.jpg

パルコまで来てしまった。

先にゴハンを食べておこう、と思い
友達から教えてもらった恵比寿のラーメン屋へ行こうとしたが
病み上がりなの忘れてパルコまで歩いたので疲れてしまった。
普段は使わないタクシーに乗って、恵比寿駅前まで。

すんなりと店は見つかった。夕刻5時半。
20051218130730.jpg

恵比寿・阿夫利(AFURI)

ラーメン屋とは思えないお洒落な店構え。
まだ少し時間帯が早いからか、
15~20席中、5席ほどしか埋まってなかった。
友達には塩ラーメンの美味しい店を、とリクエストした。
塩ラーメンを迷わず選び、トッピングで鶏油をつけた。

塩ラーメン750円
トッピング 50円
    計800円

5~6分程待つと出してくれた。

20051218130752.jpg


・細いほぼ真っ直ぐな麺。コシもあり、よい。
・半熟味玉あまり食わないが、初めて美味しいものを食べた。
 ちょっと大げさだが感動。
・野菜はネギと菜っ葉(?!)でシンプル。これで十分。
・海苔はスープに浸らないよう
 具材の上に橋架けてある工夫あり。
・出される段階で火傷しない程度の熱さに工夫されている。
と、至る所に憎らしいくらい気が利いている。
客視線で作られている。

近所に二郎でなくコレがあったなら
週に3度は行くだろう。間違いない。
一点。麺量が少なく、替え玉がなく残念。
(詳しく調べてないから、実はあるかも?!)
点数 ★★★★★ (9/10)
京王堀之内のドン・キホーテの出店にある
ケバブラーメンの100倍おすすめ。




翻って渋谷。映画。
『空中庭園』
監督がオクスリをご使用なられて
お縄にかかったことで
公開が危ぶまれた作品。
規模を縮小して今秋公開された。

原作既読。

原作:角田光代「空中庭園」
出演:小泉今日子・板尾創路・ソニン・鈴木杏
   広田雅裕・永作博美・大楠道代

『何事もつつみ隠さず タブーをつくらず
 できるだけすべてのことを 分かち合う』

この自分で作ったルールを守るべく、
主人公・絵里子はいつも笑顔でいる。
過去から解放されるため。
自分で幸せな家庭を築くため。

全くもってホラーではないのに、ホラーのような作り。
ホラー映画、観たことないけど。怖かった。
笑顔の裏の憎悪。
夫が不倫してるのも知っていたのだろう。

いきなりぐるっと一回りしたり
小人になって空中ブランコに乗って見ているような
そんなふうな映像が劇中に何回かあり
少し気持ち悪くなった。

色彩が綺麗。音楽もはかなさげ。
序章でのピアノのループは
劇中の不和の予兆か。
UAの主題歌。ドラムの音が印象的。

思い込みによって本当のものが見えなくなる。
結局、全ての発端となったことは、
思いこみに過ぎなかったことが2度目の回想シーンで分かる。
記憶は上塗りされるうち、表情を変える。自分の都合のいいように。

絵里子が造ったベランダの花々は
最初はどれも綺麗に咲いていて
終わり間際には枯れていく。
家庭を映す鏡のよう。

気になる言葉。
「ばれない嘘は嘘じゃないのよ。」

こう書いていると
マジメ一辺倒なようにも思えるけど
板尾創路が夫なわけで。

永作博美の操るイエローのビートルに
大音量で流れる歌謡曲。
豊田道倫「雨のラブホテル」。
曲自体もちろん知らない(失礼)けど、
それでも充分可笑しかった。

「やりなおし、くりかえし。」絵里子の母の言葉。
ラスト手前。
枯れ果てたベランダで赤い雨に打たれ叫ぶシーンは
絵里子と京橋家の再生(rebornの意味での)の象徴。

「家族ってなんだろ。
 なんで同じ屋根の下で、同じような空気吸ってるんだろ。」
なんて考えてる人に見てもらいたい。
真剣に問うならば、ちゃんと答えてくれる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

帰り道。9時過ぎ。
青山通りに架かる歩道橋から宮益坂を見る。
20051218133341.jpg


ゆっくりとまた、宮益坂を下る。
通りすがる人達の弾む声と笑顔。
マルキューの明かりをぼんやりとみる。
数十メートル先なのに、永遠のように遠く映る。
20051218130855.jpg


金曜はまた今度かな。
コメントください。しょげちゃいそー。
スポンサーサイト
別窓 | 本・音楽・美術・映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<金曜・立川~今日の昼。 | tapestry ~ hare no sora shita ~ | 来週の今頃は>>
コメント
-生きてるから-
大丈夫だべ(笑)
金曜日で東京での上映が終了だったんで
風邪をおして観に行ったのでした。
コメントありがと。頑張ってね、制作も就職も。
2005-12-18 Sun 20:53 | URL | tama-05 #bymXYJgc[ 内容変更]
--
いや、久々に制作してた。金欲しいや、時間もっと欲しいね。もう
あー
とにかくさ、映画そんなまでして見るあたりえらいね。
そういうファンがおいらにもいたら良いなっていう・・製作者は嬉しいやね。
しっかし
病み上がりにそんな寒いところ行ってなー!!
大丈夫かヨ?
2005-12-18 Sun 20:46 | URL | 高宮 #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。