スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
サヨナラダケガジンセイダ
2005-11-25 Fri 00:00
そう、このブログのカテゴリを見ても分かる通り、
僕にとってバイトは生活の一部だった。
今年2月で辞めようと思っていたが、中学受験に合格し
その間に精神的にも成長した生徒を見て続けようと決意した。
しかし、志半ばで辞めざるを得なくなった。
理由は恥ずかしながら、落第したためである。
ここを辞めていった講師に向けて
いつか書いた文章を、また書こうかと思う。


勧酒 干武陵

勧君金屈巵 君に勧むこがねのくっし (黄金の杯を君に勧めたい)
満酌不須辞 満酌じするをもちいざれ (並々と注ぐが、遠慮するな)
花発多風雨 花ひらいて風雨多し(花が咲けば 風雨が多いと言う)
人生足別離 じんせいべつりたる (人生には 別れがつきものだ)



井伏鱒二氏による和訳
コノ杯ヲ 受ケテクレ    (勧君金屈巵)
ドウゾ並々 注ガシテオクレ (満酌不須辞)
花ニ嵐ノ 喩エモアルゾ   (花発多風雨)
サヨナラダケガ 人生ダ   (人生足別離)


さよならだけが 人生だ。
一寸反語的な表現である。


思い出はいつも、さよならで終わる。


先の詩を発句とするならば
次の言葉は挙げ句には相応しいだろうか。


さよならだけが人生ならば、また来る春は なんだろう
はるかなるかな地の果てに 咲いてる花は なんだろう
さよならだけが人生ならば 人生なんて  いりません

                     寺山修司


これから1週間くらいはちょいちょい行くけど。
今日、教室を出るときに教室にさよならしてきました。


人生足別離。


さよならだけが人生ならば 人生なんていりません


ひとまず
さようなら。
スポンサーサイト
別窓 | 独人の戯れ書き | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<さんくすぎびんぐでー | tapestry ~ hare no sora shita ~ | 小春日和>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-31 Fri 15:50 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。