スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
テスト終了後やりたかったことを脇に置き、一寸考え事なぞしてみる。
2005-08-05 Fri 01:56
と言いつつ、まぁ、相模大野、町田を
原チャでハシゴしたわけですが…ってのも
放射線取扱主任者の過去問を探していたんす。
けど、どこの本屋に行ってもなくて、
来た意味がなくなるのが嫌で、
ちょっとGAPやら山野楽器やらに寄ったりして
買い物をしてみたりしました。
GAPでは白いデニムのカーゴパンツを、
山野楽器では2枚買うと安くなってたワゴンがあったので
坂本龍一教授の「ウラBTTB」と、
ウィーンフィルでヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の
ヴィヴァルディ「四季」を買いました。
この三点を買っても5千円使ってません。
まぁまぁ良い買い物ができて、
無理矢理にだけど、意味はできたかな、と思います。

「ウラBTTB」には、ニュース23のテーマ曲で
僕の好きな「Put your hands up」と、
「鉄道員(ぽっぽや)」が入ってたので、満足。
僕も小さい頃からピアノを習ってたかったなぁ。
あれ、でも、今再生してたら、「鉄道員」で音飛び発生。
うわ~。今度相模大野の山野楽器持ってこうかな。
でも遠いからいっか。ちょっと損したな。

「四季」というと、大方の人は
第一番「春」の第一楽章と第三番「秋」の第一楽章、
第四番「冬」の第二楽章くらいしか知らない。
でも、僕が好きなのは、
今聞いてて細かく分かったんだけど、「夏」の第3楽章と、
「秋」の第3楽章、「冬」の第一、第三楽章で、
たまに、特にここ最近3ヶ月くらい、
なんでだか知らないけど、無性に四季の、
その好きな部分を聞きたくなる時があって、
どこのレンタルショップに行ってもないので、
今日買うに至りました。
クラシックは、値段が安くて素晴らしい。

なんで聞きたくなるのか、ってのを考えてみたんだけど、
きっと、埼玉の田舎にいた時、週末に親父が大音量で、
このヴィヴァルディとか、バッハだとか
マーラーだとかいったクラシックと、
ポールモーリアやシャンソンを聞いていたから、
いや、聞かされていたからに違いない。

最早、音楽的トラウマ
言い過ぎた、かな。でも、シャンソンが好きなのも、
親父と母親の趣味の影響がかなり大きいから、
結構言えてると思うんだけどなぁ。

さ、8月も、もう5日で、明日になると…今年で60周年。

6日は原爆が広島に投下された日。
丁度今日のニュース23で、原爆小頭症の方の特集。
詳しくは今日の夕方6時55分から、TBS系列の
「ヒロシマ」という3時間の特別番組でやるのだろうが
日本、アメリカの両政府から、その存在を隠されてきたそうだ。
母親の胎内にいるときに被爆した人達が殆どで、
脳のレベルが小学5年生(?)程度で成長が停止してしまうらしい。

見てらんなくなった。
顔を背けたくなった。
今、自分が五体満足して、
漠然と人生を過ごしているのを悔いた。

これからは、のほほんと 生きていこうと思う。
ま、そんな結論ですが。
でもね、ちょっとは考えるべきだなと思いましたよ。
あまりに平和の上に胡座をかいてる時間が長すぎる。
9日のナガサキも、15日の敗戦記念日も、節目だし、
イギリスで同時爆破テロあったし、
おこがましいかも知れないけど
平和についてちょっと時間を割いて、
みなさんも考えてみてください。
んで、コメントください。待ってま~す。

そー言えば今日、質問に答えるだけで、
その人の価値がお金に換算される
というゲームを教えてもらってやってみたら二千万円だった。

ま、その少なさはさておき、気になる質問が2つあった。
「自分が死んだ時に、本気で泣いてくれる人が何人いると思うか?」
ってのと
「尊敬する人はどんな人か?」って質問。

死んだ時に泣いてくれる人、何人いるかな。
親より早く死んだら親は泣いてくれんかな。
兄貴は、今なら少しはウルッとくるんかな。
高校時代の友達だと、二人か三人かなぁ。
大学に入ってからの友達は、何人いるかな。
いっぱい泣いてくれる人がいる。

あ、俺の脳内だけか。

訂正。いっぱい泣いてくれる人がいる気がする。
その質問の時は8人以下と9人以上の2択で、
パッと答えなきゃいけないから、8人以下って答えた気がするけど、
今よくよく考えてみると、もっといそうな気がする。
少し嬉しくなった。

んで、その次の「尊敬する人」だけど、
まー、でも親父は、なんだかんだ言って
食わしてもらってるし、きっちりと仕事してるし、
ちょっと考え方が古い時もあるけど、尊敬できる、かな。
親父にこのブログの存在を言ってないから書けるけど。
親父くらい真っ直ぐな人、見たことないからなぁ。
まぁ、真っ直ぐってのも、酒に関することは例外だけど。
でも、その親父の子供が、こんな偏屈な息子でごめんなさい、だな。

あとは~、誰だかな。
好きな俳優とかタレントとかいうのとは訳が違うからなぁ。
別に政治家も、兵隊も尊敬してないし。
あ、寺山修司かな。よくは知らないけど。

みなさんの「尊敬する人」は誰ですか?
スポンサーサイト
別窓 | かんがえかた | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<長崎・広島 60年前 | tapestry ~ hare no sora shita ~ | テスト終わってからやりたかったことをやってみる。その3>>
コメント
--
重いことを考えているねえ・・・
戦争・・戦争はある程度「人災」なんだと思う節があるのよさ。
平和だから平和なことしてて 戦争になれば戦争をする人もいるわけで そういう人を「流れマン」ということにして
そういう人が少なくなるといいなと思うわいな。特に
日本はひどすぎたね・・いや 外国は知らないけれど・明徳義塾じゃあないがああいう運動部の
どうしようもない上下関係とか平気で受け入れてる人は平気で軍国主義に走ったり「非国民!」とかいったりするんでしょうよ。戦争になったら。
規則、常識迎合主義がいかんのだな。
2005-08-06 Sat 08:17 | URL | 高宮 #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。