スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
たまに、僕は
2005-07-25 Mon 00:31
たまに僕はこんな場面に出くわす。僕が友達に対して、
真面目に読んで欲しい本があって読むよう勧めたけど、
その友人が、本題と関係ない所にツッコミを入れ、
真面目に読まずに次の話題へと移ろうとする。
その時、僕は「真面目に読んで」なんて怒らず、
一緒になって笑う。
でも、こころの中では結構残念がってる。
ちょっと怒りたい気分だったりもする。

言ってみれば
寅さんの歌の♪「顔で笑って腹で泣く」
(なんで22歳の映画ド素人が知ってんだか…)

そんな具合に僕は、たまに自分を隠して、生きている。
こんな生き方は、人に嫌われてしまうのだろうか?

それ以前に正しい生き方なのだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | かんがえかた | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<僕は たまーだと思います | tapestry ~ hare no sora shita ~ | FNS 25時間テレビ>>
コメント
--
あぁ、そうねぇ。なんかね、言いたかったのはね、
どれがホントの優しさなのかってことなのね、実は。
相手のことを思うということが、どういう事なのか。

書いてるうちになんとなく分かって来たけど、
深いところで繋がりたい、と思うならば、思い切ってそういう場面で流れを断ち切ってでも言えばいいし、
そこまでを求めないなら、会話の流れに任せればいいかなぁ、と、今思えてきました。

まぁ、正しい生き方、なんて大それた事、あんま時間ない今、考えることじゃないかも知れないね。これからは、空気読んで行動してみようと思います。
ちなみに高宮さんのことじゃないよ(笑)
2005-07-25 Mon 23:59 | URL | tama-05 #bymXYJgc[ 内容変更]
--
僕のことかもしれないからねえ あんま言えないけれど
こういうことを書くのはよした方がいいよ・・だって
なんかぎくしゃくしちゃうじゃん。
・・気持ちは十分分かるけど。
特に本は思想だから、よっぽど求められない限りは勧めても やっぱなかなか手は出ないよ(それに空気がしゃちほこばっちゃうしね・・まじめに読むと。そこらへん難しいし)だからこういうことは軽く流す程度の方がいいと思う・・もちろん
会話の流れがひどく哲学要素を含んであれば別だけれども。

自分を出して生きる。
何が自分か?って話でね、本音ばりばりはやだなあ・・あんま「出します!」っていうスタンスは肯定しなくていいと思うけれど・・
2005-07-25 Mon 23:49 | URL | 高宮 #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| tapestry ~ hare no sora shita ~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。